予防接種の種類(0歳の予防接種)

予防接種の種類

予防接種について

予防接種について、本当に受けたほうがよいのか?
数の増えた予防接種を何から受けたらよいのか?同時接種は大丈夫なのか?何か副作用が出たらどうしようか?などなど、不安のあるパパやママたちが多いと思います。
当院は、予防接種について、ご理解いただけるまでご説明いたします。
津村こどもクリニックに来られるお子さんの体調や状況に合わせて個々にスケジュールの調整をおこなっています。

安心してなんでも気軽にご相談ください。

 

 

予防接種のQ&A

B型肝炎ワクチン

B型肝炎の予防は将来の肝臓がんの予防でもあります。

これは、任意接種の予防接種です。
※母子感染の場合のみ、保険が適用になります。
B型肝炎ワクチンは母子感染予防、B型肝炎ウイルス陽性血液での針刺し事故および水平感染の予防に使用されています。

新生児や乳幼児期がB型肝炎ウイルスに感染すると免疫の働きがまだ未熟なために、ウイルスをそのまま抱え込み、持続感染の状態(キャリア)になりやすくなります。その場合は、慢性肝炎になりやすく、将来的に肝硬変から肝臓がんになってしまう事があります。

母子感染予防に関しては、母親がHBe抗原陽性のキャリアの場合、その新生児へはほぼ100%感染します。そのため、1985年からB型肝炎母子感染防止事業が開始され、現在では母親がHBe抗原が陽性でなくても、HBs抗原が陽性であれば健康保険を使ってB型肝炎ワクチンが接種できるようになっています。母子感染防止事業の効果は高く、母子感染は95%以上防止されるようにうなりました。母親がキャリアでない場合は、日本では任意接種となります。

B型肝炎は母子感染(垂直感染)や輸血以外にも、父子などからの乳児期の水平感染、性交渉での水平感染のほか知らない間にかかっていることもあり怖い病気です。日本では患者数は最近増加傾向にありますので注意が必要です。
WHO(世界保健機関)は、世界中の子どもたちに対して、生まれたらすぐにこのワクチンを国の定期接種として接種するように指示しており、ほとんどの国で定期接種となっています。
最近は接種するお子さんがずいぶんと増えてきました。
副反応は局所反応以外にほとんどないため乳児期早期から接種をすると良いです。計3回の接種が必要です。

ロタウイルスワクチン=ロタリックス、ロタテック

生後6週から接種が可能です。

ロタウイルスワクチンとは、感染症を予防するもので、飲むワクチンです。
ロタウイルスに感染すると、重症化した場合に胃腸炎や下痢・嘔吐などの症状を引き起こし、入院しなければならない事があります。
また、ロタウイルス脳炎(脳症)という病気になってしまい、神経系の後遺症が残る場合があります。
ロタウイルスワクチンはこのような点滴や入院が必要になるほどの重症なロタウイルス感染症を約90%減らす効果があります。

現在、ロタウイルスワクチンには、ロタリックスロタテックの2つのワクチンがあり、接種回数が異なります。

ロタリックスは27日以上の間隔をあけて2回接種します。遅くとも生後24週(168日)までに接種を完了します。

ロタテックは27日以上の間隔をあけて3回接種します。3回目は遅くとも生後32週(224日)までに接種を完了します。

いずれのワクチンもほかのワクチンとの同時接種を考えて、生後2ヵ月から始めるのが最適です。

 

ロタウイルスワクチンは生ワクチンですので、接種したあとは27日以上間隔をあけないと他の予防接種ができなくなります。ヒブ、肺炎球菌、四種混合、BCGの接種も大切ですので、同時接種を組み入れて綿密なスケジュールを立てる必要があります。

 

 

ヒブワクチン(インフルエンザ菌b型ワクチン)=アクトヒブ

生後2ヵ月になったらまず接種

平成25年4月から定期接種になりました。接種の対象は生後2ヵ月から4歳までです。
主に細菌性髄膜炎を予防するワクチンです。
ヒブ(Hib)とはインフルエンザ菌b型の略称で、この菌は乳幼児の重篤な感染症の原因となります。
細菌性髄膜炎の6割がヒブの感染によっておこります。
生後4か月から1歳までの乳児がヒブによる感染症の過半数を占めており、日本でも年間約400人が発症していました。
欧米では、ワクチン導入後にヒブの重篤感染患者は急激に減少しました。日本では平成20年12月から接種できるようになり、現在では効果が出はじめていて、細菌性髄膜炎の患者数は明らかに減ってきています。

副作用は注射の局所反応が中心です。発熱は数%で認められています。

接種時期については、生後2ヵ月から、接種回数は初回接種時の月齢、年齢によって異なります。生後7ヵ月未満で開始した場合、初回接種3回と追加接種1回の計4回です。追加接種は初回接種の最後の日を基準に7ヵ月~13ヵ月後に接種します。

1歳未満の子ども達がとくに罹りやすいので、小児肺炎球菌ワクチンと同じタイミングで生後2ヵ月になったらできるだけ早く接種することをお勧めします。
ロタウイルスワクチンや小児肺炎球菌ワクチンなどとの同時接種が可能です。

小児肺炎球菌ワクチン(13価肺炎球菌結合型ワクチン)=プレベナー

ヒブワクチンと同様生後2ヵ月になったらまず接種

平成25年4月から定期接種になりました。定期接種としての対象は生後2ヵ月から4歳までです。
肺炎球菌は、乳幼児に細菌性髄膜炎、敗血症、肺炎などの重篤な全身感染症を起こしたり、中耳炎、副鼻腔炎などの気道感染症を起こしたりします。
肺炎球菌ワクチンは世界100カ国以上で導入されており、アメリカでは2000年に接種が開始されてから小児の重症肺炎球菌感染症は激減しています。
日本では平成22年2月から接種できるようになり、最近では予防接種の効果で患者数は激減しています。

主な副反応は局所反応と発熱です。注射部位の紅斑、腫脹、硬結などはヒブワクチンよりもやや頻度は高く、全身反応としての発熱も20%前後に認められています。
生後2ヵ月から接種でき、接種回数は、初回接種時の月齢、年齢によって異なります。7ヵ月未満で開始した場合、初回接種3回と1歳以降に追加接種1回の計4回となります。

肺炎球菌による髄膜炎の起こりやすい生後6か月までに初回接種3回の接種を済ませておくと良いので、ヒブワクチンと同様に生後2ヵ月になったらできるだけ早く接種を開始するようにしてください。

 

四種混合ワクチン(DPT-IPV)=ジフテリア(D)、百日咳(P)、破傷風(T)、ポリオ(IPV)

重い病気を予防する大事なワクチンです。

四種混合ワクチンとは、ジフテリア、百日咳、破傷風、不活化ポリオの混合ワクチンのことです。

四種混合ワクチンは平成24年11月から使用されています。
接種時期は、生後3ヵ月から7歳6ヵ月未満までです。
第1期初回接種(合計で3回受けます)は、生後3~12ヵ月に完了するのが好ましいです。
その後、生後1年から1年半の間に第1期追加接種(1回)を受けてください。
第2期接種は、DTとして小学校6年生の時に1回接種します。学校で予診表が配られます。
接種時期は、生後3ヵ月を過ぎたら、できるだけ早く受けるのが理想です。

副作用は、局所反応、注射部位の発赤、腫脹が主なものです。
ヒブワクチンや小児肺炎球菌ワクチンなどと同時に接種する場合が多いです。

MRワクチンの接種時期

  • 第1期:生後12ヶ月から24ヶ月未満
  • 第2期:小学校就学前年度の4月1日から3月31日まで

主な副作用は発熱と発疹です。発熱は第1期の場合は、予防接種後5日~14日後に37.5℃以上の発熱が約2割に見られますが、第2期の場合は約7%です。いずれも1日か2日で熱は下がります。発疹の場合は1期で約5.5%、2期で約1.4%見られます。

 

B.C.G=結核

赤ちゃんの結核予防効果的です。

BCGは結核を予防するワクチンです。生後間もない赤ちゃんが、結核にかかると簡単に粟粒結核や結核性髄膜炎になり、生死に関わりますが、BCG接種はそのような乳幼児の重篤な結核の発病予防にとくに効果が高いと言われています。

平成25年4月から、1歳の誕生日の前日まで定期接種として公費で受けられるようになりました。
標準的な接種年齢は生後5ヵ月に達した時から生後8ヵ月に達するまでの期間とされています。
なお、名古屋市では、従来通り保健所の3~4ヵ月健診時に集団で接種が行なわれています。
副作用は、腋窩リンパ節が腫れることがありますが、多くは問題なく自然治癒します。 接種後10日頃から針跡のところが発赤や隆起し、化膿することもあり、その変化は1ヶ月後にピークとなります。
※コッホ現象:B.C.G接種後、1週間以内にB.C.G接種部位が強い局所反応を起こした場合は、結核の自然感染の疑いがあります。そのような場合はすぐに保健所へ電話してください。

津村こどもクリニックのご案内

名古屋のママとパパの味方 津村こどもクリニック TEL:052-914-8248 名古屋のママとパパの味方 津村こどもクリニック TEL:052-914-8248
診療案内診療案内
お問い合わせ 病気と対策 病気Q&A BLOG